スポンサーリンク

【マンガ大賞】あなたの心に残る1冊は?歴代の大賞作品一覧まとめ!

スポンサーリンク
漫画

 

“今、この瞬間一番おもしろいマンガ”を選ぶ『マンガ大賞2023』の一次選考の結果が発表されました。

マンガ大賞は2008年に始まった賞で、今年で16回目となります。

これまでの受賞作品のほとんどが映画化・アニメ化されており、注目の賞となっています。

この記事では、これまでの大賞作品の歴代一覧をまとめ紹介しています。

今なら無料で読める漫画もあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

1.マンガ大賞作品歴代一覧まとめ!

昨年までの受賞作品をまとめました♪

第1回(2008年)『岳ーみんなの山ー』石塚真一
第2回(2009年)『ちはやふる』末次由紀
第3回(2010年)『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
第4回(2011年)『3月のライオン』羽海野チカ
第5回(2012年)『銀の匙Silver Spoon』荒川弘
第6回(2013年)『海街ダイアリー』吉田秋生
第7回(2014年)『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年)『かくかくしかじか』東村アキコ
第9回(2016年)『ゴールデンカムイ』野田サトル
第10回(2017年)『響~小説家になる方法~』柳本光晴
第11回(2018年)『BEASTARS』板垣巴留
第12回(2019年)『彼方のアストラ』篠原健太
第13回(2020年)『ブルーピリオド』山口つばさ
第14回(2021年)『葬送のフリーレン』アベツカサ
第15回(2022年)『ダーウィン事変』うめざわしゅん

聞き覚えのある本ばかり!
有名どころが勢ぞろいしてますねー!

ではさっそく、1つ1つみていきましょう♪

 

第1回(2008年)『岳ーみんなの山ー』石塚真一

こちらは小栗旬さんが主演で映画化したことで有名な作品です。

山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守る主人公の物語です。

雪山の美しさと共に脅威をリアルに感じます…。

 

第2回(2009年)『ちはやふる』末次由紀

こちらも映画化されていますね。

広瀬すずさんが主演の、協議カルタ部の青春映画です。

部活に対する情熱だけでなく、恋愛や友情、多感な時期の高校生の心情がリアルに描かれています。

末次由紀さんの漫画は、ストーリーはもちろんのこと、絵が本当に綺麗です♪

 

3回(2010年)『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ

ご存じ、失業した古代ローマ人の浴場設計士が現代の日本にタイムスリップするお話です。

映画版でも、ルシウス役の阿部寛さんがハマりすぎて何度も観たくなる作品でした(笑)

ところどころ笑える場面があるのと、日本のお風呂の素晴らしさに改めて気づきます。

そして、この漫画を読むと温泉に行きたくなりますよ♪

 

第4回(2011年)『3月のライオン』羽海野チカ

幼いころに交通事故で家族を失った、中学生でプロ騎士デビューした主人公のお話です。

この漫画はとにかく絵が可愛い!

アニメ化も映画化もした、超話題となった作品です♪

 

5回(2012年)『銀の匙Silver Spoon』荒川弘

受験に失敗し、寮があるという理由で農業高校に入学することになった、都会育ちの主人公のお話。

農業高校で畜産・酪農に奮闘する様子が描かれています。

こちらは、Sexy Zoneの中島健人さんが主演で映画化されました。

 

第6回(2013年)『海街ダイアリー』吉田秋生

15年前に女性と蒸発した父の葬儀で、3人姉妹が出会った腹違いの妹との4人生活が始まります。

読んでいるこちらも優しい切ない気持ちになれる、家族の絆を描いたストーリーです。

綾瀬はるかさん主演の映画もとってもよかったです。

また、小学生も読めそうな文庫本も出版されています。

 

第7回(2014年)『乙嫁語り』森薫

遊牧民と定住民、8歳の年の差という夫婦が生活するのはシルクロード文化。

作者は現地に綿密にロケを重ね、作り上げたとのことです。

また、この作品は、画集といっていいほど絵が綺麗と評価されています。

電子書籍でなく、紙媒体で読むべき!というファンもいるほど。

絵も含め、ストーリー展開もとっても気になる作品ですね!

 

第8回(2015年)『かくかくしかじか』東村アキコ

自分の絵の技術に自信を持っていた主人公。

美大受験で通うことになった絵画教室の教師・日高先生にしごかれながら受験に挑む様子が描かれています。

主人公のあんぽんたんぶりが面白すぎるんです!

絵が好きな人はぜひ!おすすめしたい作品です。

 

第9回(2016年)『ゴールデンカムイ』野田サトル

明治時代後期、ある目的のため北海道に足を踏み入れた主人公が圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚を相手に、黄金を巡って生存競争を展開します。

アイヌの文化日露戦争後の日本についても知ることができますよ。

アニメ化もされてます。

 

10回(2017年)『響~小説家になる方法~』柳本光晴

破天荒だけど純粋な文芸の天才響が主人公の、成長していく姿が印象的な作品です。

ただ…主人公に対する評価は賛否両論のようですね。

平手友梨奈さん主演の映画もあります。

 

第11回(2018年)『BEASTARS』板垣巴留

肉食獣と草食獣が共存する世界。

異種族間の交流や共生はもとより、差別社会問題にもスポットを当てた作品です。

絵柄が受け付けない、というシビアな意見もありますが、そういった方はアニメを観てから読んでみてもいいかもしれません。

 

第12回(2019年)『彼方のアストラ』篠原健太

宇宙との往来が当たり前になった近未来、9名の少年少女が惑星キャンプへ旅立ちます。

惑星に降り立った彼らを待ち受けたのは、予想外の事態でしたーー。

宇宙に関する基礎知識やサバイバル学が盛り込まれていて、なおかつ読みやすく描かれています。

アニメしか観ていないという方は、ぜひ漫画も読んでみてください♪

 

第13回(2020年)『ブルーピリオド』山口つばさ

成績優秀でスクールカースト上位の主人公が、一枚の絵に心を奪われた衝撃をきっかけに、東京藝大受験を目指すようになります。

美しくも厳しい美術の世界で、仲間と共に「好きなこと」を支えに切磋琢磨します。

読むと美術の知識を知ることができます。

恥ずかしながら…筆者はこの作品を読んで、東京藝大に合格することは稀ですごいことなんだと、初めて知りました(笑)

 

14回(2021年)『葬送のフリーレン』アベツカサ

魔王を倒した勇者たちのその後を描いた物語。

“ファンタジー漫画”に想像するRPGのようなストーリー展開ではなく、他者との出会いで変化していく人間性を描いている作品です。

読めば読むほど面白い!と定評があります。

 

15回(2022年)『ダーウィン事変』うめざわしゅん

半分ヒトで半分チンパンジーの「ヒューマンジー」が、ヒトが抱える問題に向き合うヒューマン&ノンヒューマンドラマです。

差別、炎上、テロ…これから現実世界でも起こりそうな問題に、目が離せなくなるかもしれません。

アクションありでギャグ要素のない作風に、どこか洋画を観ているような気になる読者もいるようです。

 

スポンサーリンク

2.まとめ

大賞が発表されるのは3月末。

それまでの間に、過去の受賞作品を読んでみるのもかも楽しいかと思いますよ♪

漫画
スポンサーリンク
star.mamaをフォローする
ワタシのミカタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました